印鑑スタイリッシュさと実用性の高さから印鑑の素材として人気が高いのがチタン素材です。軽く耐久性の高いチタンは以前から医療器具や工業製品に用いられてきました。チタン印鑑の魅力はまずそのスタイリッシュさにあります。美しく重厚な光沢を放つメタリックでクールなイメージが、ビジネスパーソンの人気を集めています。

実用性も非常に高く軽く丈夫で多少の衝撃が加わっても曲がったり、印面が欠けてしまったりすることがありません。また天然素材に比較し湿気、乾燥にも強く保管するのが容易です。水洗いができ朱肉汚れを洗い流せるため、きれいな状態で保管することができます。

宝石系素材も根強い人気があります。その代表格である琥珀。数億年も前の広葉樹、針葉樹などさまざまな樹木の化石である琥珀は、その美しさが最大の特徴です。植物由来の宝石は非常に珍しいもので、その独特の模様を眺めていると古代に吸い込まれていくような気持ちになります。象牙に次ぐステイタス、希少性の高さを誇りますが、天然素材なので傷がつきやすく、衝撃に弱いため保管には注意が必要です。それぞれの印鑑素材の特徴についてご理解いただけたでしょうか。慎重に選び、生涯のパートナーとなる素晴らしい印鑑を手に入れて下さい。