ハンコ柘(つげ)は古くから印鑑素材として使われてきました。一般的で手ごろな印鑑素材として人気が高く、手彫りがしやすくオーダーメード品によく使用されます。木の温かさが感じられる素材で、特に高級品である薩摩本柘(さつまほんつげ)は粘り気があり密度が濃く、長期間使用しても変化が生じません。

白檀(びゃくだん)はその高級感が特徴です。印鑑の材料の他、仏像などの素材にも使用されます。捺印すると、格調高い木の香りが辺りに漂います。最近では伐採による木材の減少で希少価値が高まり、価格が上昇しています。

黒檀(こくたん)は密度が高く、堅くて重く、虫に喰われにくいので朽ち果てることがなく、半永久的な、非常に優れた耐久性を誇ります。油分を多く含み、長く使うほどに色合いに味が出てきて美しくなっていきます。生涯付き合いたくなる素材です。硬くて、美しい光沢を放つ黒檀は高級家具の材料としても人気があります。

楓(かえで)板屋楓とカナダ産ハードメイプルを使用した印鑑素材で、他の木材系素材と比較しても木目、色目がより美しく見えます。曲がったり歪みを生じたりすることが少ない丈夫な素材であるため、ビリヤードのキューの素材にも使用されています。